インプラントの自然さ

インプラントと天然の歯

トップ

インプラントの耐用年数

インプラントが日本にやっと定着してきましたが、高額な費用もありますが、自然な歯ということもあって、永久のものと思いがちですが、耐久年数があるようで、メンテナンスをきっちり行って、10年生存率が95%だそうです。インプラントには土台を支える部分であるフィクスチャーといわれる部分と差し歯に部分に分かれますが、フィクスチャーに使われる部分は酸化チタンが使用されており、半永久的なものですが、この部分を支えている部分は自分の骨ですから、歯周病にならなければ、半永久的に持続する可能性があります。しかしながら、この技術が導入されてまだ新しい技術であり、歯科医師の技術も差異があるのも現実であります。

ジュース

耐久年数はどれくらいなのか

人工の歯根を埋め込み、人工の歯を挿入するインプラント治療で気になるのは埋め込んだ人工歯根の耐久年数といえます。治療は保険外であるため高額になりますので、どのくらい機能を保持できるのかどうかということは治療を受けようと考えている方にとっておおいに気になることでしょう。しかし、インプラントの耐久年数は人によって様々であり、一概に何年という答えがないのが現状です。ただし、治療後にきちんと歯科で定期的なメンテナンスを受け、通常の歯同様に歯磨きなどによるセルフケアを行うことで、ほぼ天然の歯と同じだけ使用していくことは可能だといえます。

インプラントの耐久性情報

新着情報

© インプラントと天然の歯. All rights reserved.