インプラントで再現

インプラントは管理が大事

トップ / インプラントは管理が大事

インプラントは天然の歯の代わり

インプラントの治療は、天然の失った歯の代わりに顎に歯根となるボルトを埋め込み、その上から人工の歯を装着する方法です。インプラント治療は一部の歯を失ったケースでも、すべての歯を失ったケースでも利用することができ、歯周病のような、歯茎を失った場合でも治療をすることができます。今までの歯のように食べ物を噛んだりすることができ、周りの歯と同じ色に再現することができるために、他の人から見たら天然の歯と変わらないので、治療したことがばれることもないので、見た目にもとても綺麗な歯を再現することができる治療法です。

インプラント手術後に気を付ける

インプラントの手術の際には必ず麻酔を受ける必要があります。麻酔は術後1,2時間で切れますが、麻酔が利いている間は、頬の粘膜や唇の感覚がないため、噛まないように注意し、食べ物を食べたりしないことが大切です。うがいは、手術直後に行う際には、水を含んで吐き出す程度で、手術後の2,3日は傷口のかさぶたがはがれてしまう可能性があり、炎症を起こす恐れがあります。インプラントの手術後に処方される薬は、薬の効果を発揮することができないため、指示通りに飲むことが大切です。

インプラントの耐久性情報

© インプラントと天然の歯. All rights reserved.