インプラントのタイプ

インプラントは種類がある

トップ / インプラントは種類がある

インプラントの種類について

歯科での「インプラント」治療は、「まるで自分の歯のように噛める」と注目を浴びている治療法です。その際、治療に使用するインプラントを自分で選択できることをご存知でしょうか?今では、数多くの種類がり、それによって値段も違います。形状のタイプでも複数の種類があります。形状としては「スクリュータイプ」が主流で、ついで「シリンダータイプ」が人気があります。そのほかに「バスケットタイプ」や「ブレードタイプ」という形状もありますが、現在はあまり使われなくなっています。歯科医がしっかりした検査をし、患者にあった最適なものを提案するのが一般的です。

ジュース

治療に使う材料について

歯を失った場合の治療方法として最先端の治療となっているのがインプラントですが、使用する材質や形状によってたくさんの種類があります。人工歯根を歯槽骨に埋め込むことが治療の中でも重要な部分ですが、人工歯根には様々な形状と材質がありそれぞれに特徴が異なっています。現在では骨に埋め込む際の穴が小さく、噛む力を効率よく骨に伝えることができる点でスクリュータイプが最も多く使われています。人工歯根には結合力が重要となりますので、材質にはチタンが多く使われています。インプラント治療にはたくさんの種類がありますが、クリニックによって使用材料が異なる点に注意が必要です。

インプラントの耐久性情報

© インプラントと天然の歯. All rights reserved.