インプラントは良い

インプラントで違和感なし

トップ / インプラントで違和感なし

インプラント治療について

今まで、歯がなくなってしまうと、入れ歯しか治療法がありませんでした。入れ歯は一般的な治療ですが、痛みや違和感が多いというデメリットがあります。インプラントは、失った場所に、直接埋め込んで、人工の歯をかぶせていく治療法です。直接埋め込むことで、外れることなく、自分の歯のような感覚で、食事を楽しむことができます。固い物や繊維質の物など、噛み切りにくい食べ物も、きちんと食べることができるので、食事を選びません。インプラントは、入れ歯のように、取り外すこともないので、ガタガタすることもありません。

新しい治療法、インプラント

虫歯や歯周病、事故などで歯がなくなってしまうことがあります。その場合、新しい治療法でインプラントと言うものがあります。一昔前まではなくなった歯を補うためには入れ歯やブリッジでの治療が一般的でした。しかし、入れ歯は隣の歯にばねをかけて固定するため負担をかけてしまいます。取り外すため入れるだけで違和感があります。ブリッジも両隣の歯を使う治療なので健康な歯も削らなければならない場合があります。インプラントは、なくなった歯の下にある骨に人口の根っこを植え、その上に補綴物をかぶせると言う治療法です。

インプラントの耐久性情報

© インプラントと天然の歯. All rights reserved.