インプラント治療時間

インプラントの治療期間

トップ / インプラントの治療期間

インプラントの治療期間

インプラント治療は人工の歯根を骨に埋め込みその上に人工の歯をかぶせます。骨と歯根がしっかりと結合する時間が必要になります。この期間は骨の密度とほぼ比例すると言われ、下あごで3ヶ月、上あごで6ヶ月以上かかるとされています。一般的にはインプラント治療の期間としては半年から一年とされていますが、口の中の状態は患者個人個人で異なってきますので、歯周病などがあると歯周病の治療を行う必要があったり、場合によっては骨移植手術を伴うと言うこともあるので、皆が同じ流れで治療が進むわけではなく治療には個人差が出てきます。

ジュース

治療にかかる期間の相場

インプラント治療は、通常の歯科治療と違い、治療をはじめてから終わるまでに時間がかかります。ですから、治療をしようと決めた場合、治療計画が重要になってくるのです。途中で治療をやめることは出来ないからです。なぜ、時間がかかるのか説明しましょう。治療は「人工歯根を歯茎の中に埋めこむ」・「定着を待つ」・「連結部分を着けて人工歯をかぶせる」。この3つのプロセスを踏みます。埋め込んだあとの定着期間(インプラントと骨がしっかり結合し、定着するまで)が必要です。定着するまでには、通常3~6ヶ月かかります。そのため、時間がかかる治療になるのです。

インプラントの耐久性情報

© インプラントと天然の歯. All rights reserved.